脱毛サロン 効果

どこの脱毛サロンが効果があるのか?

 

脱毛の効果で脱毛サロンを決めたいと考えている人は多いと思います。

 

では実際にどのサロンが脱毛効果が高いのかと言うと、実はほとんど変わらないというのが実情です。

 

 

 キレイモ・・Piel

 

 脱毛ラボ・・PSクリプトン

 

 シースリー・・ルネッサンス

 

 恋肌(こいはだ)・・シルキーライトU

 

 RINRIN・・エアクールフラッシュ

 

 

このようにそれぞれのサロンによって様々な脱毛機が使用されています。

 

これらの脱毛機全て共通して言えるのがとても高性能な脱毛機ということです。でも重要なのは脱毛機の性能ではなく、実は法律的な問題が大きく関わってきます。

脱毛サロンに厳しい法律の壁

 

脱毛サロンでも以前は高出力の脱毛機を使用して脱毛をしていました。

 

しかし、やけどなどの被害に遭ってしまった人があまりにも多かったため、平成12年に厚生労働省が『医師免許を有しない者による脱毛行為』を正式に禁ずる通達を行いました。

 

そのため脱毛サロンではその後「永久脱毛」を行う事ができず、使用する脱毛機も出力を制限した機器を使用することしか許されていません。

 

日本医学脱毛学会(ページはアーカイブ)』によれば、実は法律から言うと脱毛エステで使用できる機械は90%以上毛が再生する機械を使用しなくてはならないことになっています。(実際にはもう少し脱毛効果が強く表れるため法律上脱毛サロンの脱毛行為はかなりのグレーゾーンと言われているのはこのためです。)

 

とは言っても実際にやけどなどのひどい症状が出てしまうとそれが脱毛行為を行っていると見なされ、場合によっては責任者が逮捕され、最悪閉店に追い込まれる状況になってしまいます。

 

サロンとしてはそのような状況を絶対に防がなくてならないため、安全が保証できる程度の出力での営業を余儀なくされています。

脱毛サロン同士の比較は意味が無い?

 

よく

 

「ミュゼプラチナムよりも銀座カラーの方が効果があった。」

 

「エタラビよりも脱毛ラボの方がいっぱい抜けた」

 

 

このような言葉が聞かれますが、全く反対の意見もあったりもするので実はあまり参考になりません。

 

そもそもかなり脱毛機の出力を制限しての脱毛なのでそれは機械のせいではなく、施術を行っているエスティシャンの技術や機械の出力の抑えすぎによるものと考えた方がよいでしょう。

 

特に初回の脱毛の時は肌質の確認も含めて普段よりも弱めの出力で施術を行う事が多いので効果が出にくい事もやはり多いので、もし効果に不満がある場合は次回しっかりとそのことを伝えましょう。

 

脱毛時の痛みに耐えることができなくて出力を下げて施術した場合も脱毛効果の低下の原因になってしまうので痛みが原因で脱毛効果が期待できない場合は『ハイパースキン方式』や医療脱毛の『蓄熱式脱毛』などを検討してみても良いのではないでしょうか。

脱毛サロンに期待できる効果は?

 

先ほども言ったように脱毛サロンでは永久脱毛を禁止されているので高出力での施術は出来ません。

 

そのため高出力での施術が必要になる産毛の脱毛は不向きなため『ツルツル』な肌を期待するのは少し難しいと考えた方がいいかもしれません。

 

あくまでも人よりも濃い毛を人並み程度~人よりも薄くなる程度くらいが目安と言えます。

 

自己処理がほとんど必要がないレベルまで産毛もキレイにしたいと考えてるのであれば、医療機関によるレーザー脱毛を考えた方がいいでしょう。

よくある勘違い

 

医療機関によるレーザー脱毛は脱毛サロンの脱毛よりも3倍くらいの威力があると言われていますが、ではレーザー脱毛5回に対して脱毛サロンは15回施術をおこなえば全く同じ結果になるのかというと、それは全く違います。

 

脱毛はあくまでも再び毛が生えないように毛母細胞やバルジ領域などを破壊することによって初めて脱毛が完了します。

 

なので脱毛機の威力が弱く毛母細胞を破壊できなければ何回施術を繰り返しても毛は再生されてしまいます。

 

決して回数を繰り返せば脱毛が完了する訳ではないので自分が期待したい脱毛の効果によってどこで脱毛をするのが良いのかをしっかり把握することが後悔のないサロン・クリニック選びにつながります。

 

産毛までしっかり脱毛したいならクリニック