脱毛 サロン クリニック 違い

脱毛サロンとクリニックの違いって何?

 

 無駄毛の処理を脱毛サロンやクリニック(皮膚科)などで行う人が大変多くなっていて、人気の脱毛サロンでは予約を取るのが難しい店舗もあるくらいです。

 

 でもそこで気になるのが、脱毛サロンとクリニックの脱毛との違いです。この違いを知ることでしっかりとした脱毛サロン・クリニック選びも出来るようになります。

 

 こちらでは脱毛サロンとクリニックの違いをご紹介します。満足の結果を得られるためにもしっかりと把握しておきましょう。

永久脱毛は医療機関のみが行える行為

 

 憧れの永久脱毛を目指して脱毛サロンに通いたいと思っている人も多いと思いますが、実は脱毛という行為は医療機関だけに認められている行為のため脱毛サロンで行われている脱毛は永久脱毛と認められていません。

 

 脱毛サロンで使われている光脱毛機は医療レーザー脱毛機とは違い、威力が抑えられているため脱毛効果という点で言うとどうしても劣ってしまいます。

 

 特に黒色の色素が薄くて、細い産毛は高い出力が必要とされているのでサロンの脱毛機では効果があらわれにくく、脱毛回数も多くなってしまい、それでも効果が出なかったという人も少なくなく、仕上がりに満足できない可能性も高くなってしまいます。

安全面での比較

 

 光もしくはレーザー脱毛での脱毛方法では高温での処理のため、ごくまれにではありますがやけどをしてしまったり、シミなどの可能性もあります。

 

 その時にクリニックは当然医療機関ですので対処が早く、適切な処置をしてくれますが、脱毛サロンの場合は提携している病院に自分で向かう必要があり、場合によっては自分で医療機関を探さなくてはならない場合もあります。

決め手は人それぞれ

 

 脱毛サロン、クリニックの選びとして料金面や仕上がりの満足度、安全面や通い易さなど自分自身で基準をしっかり決めて選びましょう。

 

 経済面のみだけで考えるとやはり脱毛サロンの方が安い場合が多く、特にキャンペーンなどはかなりの好条件で脱毛ができるのでねらい目です。

 

 仕上がりの満足度で選ぶ場合は、しっかり産毛まで永久脱毛をしたいと思っているならやはりクリニックの脱毛がより確実と言えます。脱毛サロンの脱毛機ではよほど相性が良くないと産毛の処理ではあまり期待できません。

 

 しかし、人よりも濃い毛を人並みにしたいと思っている人や、自己処理が楽になる程度の仕上がりでよいというのであればサロンの脱毛でも十分期待できます。

 

 このように人それぞれ重要視している部分が違いますし、住んでいる環境も違うので自分なりの基準をしっかり決めてサロン・クリニックを選ぶこと大切です。