メディオスターNeXTとソプラノの違い

 

メディオスターNeXTとソプラノですが、どちらもSHR式脱毛機で今ほとんどのクリニックやサロンで使用されているIPL式脱毛機に代わる次世代の脱毛機と呼ばれています。

ソプラノの特長

 

蓄熱式脱毛機の先駆けとして登場した脱毛機。

 

今までの毛根を高温で破壊する脱毛法とは違い、毛包をターゲットにした脱毛法のためメラニン頼った方法ではないのでIPL式脱毛機の弱点だった部分を補った脱毛法です。

 

痛みが少ない

 

毛根を高温で破壊しなくてはならないIPL式脱毛に対して、この脱毛機は低温(45℃〜50度位)での処理が可能になり、熱さによるチクッとしたあの辛い痛みをほとんど感じることなく脱毛ができるようになりました。

 

さらにも一つのメリットとして、熱さによる肌へのダメージもかなり軽減され肌質の弱い人やアトピーなどのアレルギー体質の人でも脱毛が可能に。

 

 

産毛にも変わらない効果

 

メラニンの吸収によって熱を作り出していたIPL式脱毛は、人によって毛質が違うので効果も人それぞれ大きく変わってしまうのが弱点。

 

毛包がターゲットのソプラノでは毛質は問わないので産毛でも、濃くて太い毛であっても全く関係なく脱毛ができるようになりました。

 

 

肌質も問わない

 

日焼けしてしまった肌や黒ずみが進んでしまった肌の場合、IPL式脱毛では黒い色に反応してしまうため、場合によっては脱毛ができなくなってしまう事がありますが、やはりメラニンと全く関係ない蓄熱式脱毛では肌の質も全く問わずに脱毛ができます。

 

 

メディオスターNeXTの特長

 

基本的にソプラノと同じような性質も持った脱毛機ではありますが、このメディオスターはさらに毛包だけではなく、バルジと呼ばれる発毛の命令をだす器官に対してもターゲットにしている2つの箇所へのアプローチによってさらに確実に効果が期待できる脱毛機になっています。

 

 

このメディオスターNeXTと後継機に当たるメディオスターNeXTPROを導入するクリニックが急速に増えていて、今後医療脱毛の主力機として活躍が見込まれています。

機能的な違いは?

 

どちらも同じ蓄熱式の脱毛機という事もあって基本的に特徴も似ていますが、大きな違いがソプラノは810nmの単一波長の脱毛機に対してメディオスターNeXTは810nmと940nmの2つの違う波長によって脱毛をすることでバルジ部と毛包の両方に対してアプローチをすることが可能になっています。

 

この両方へのアプローチができることが他の脱毛機よりも優れた結果をもたらす大きな要因になっています。

メディオスターとソプラノどっちがいいの?

 

ここで結論を出すのは大変難しいですが、今の現状を把握することによって状況が少し見えてきました。

 

 

以前湘南美容外科で品川院限定でソプラノでのテスト脱毛を行っていましたが、約半年位で打ち切りになりそれ以降は全く行われておりません。

 

そして、新しく那覇院が新設された時もソプラノでの脱毛を行っていましたが、これも今ではHPから無くなってしまっています。

 

 

そして、新しい脱毛機をいち早く導入しているレヴィーガクリニックも開院当時はソプラノの脱毛を勧めていましたが、今ではメディオスターNeXTもしくはNeXT PROでの脱毛がメインになっているためこちらもHPからソプラノは完全に消えてしまっている状況です。

 

これらを踏まえると今の現状として効果がより期待できるのはやはりメディオスターの方が上という状況が見えてきます。

 

特に脱毛に力を入れている複数のクリニックの動向をしっかり見ていくことでどの脱毛機が良いのかを判断する上で大変参考になるのではないでしょうか。