ライトシェアデュエット アレキサンドライトレーザー

ライトシェアデュエットとアレキサンドライトレーザー、どちらで脱毛したほうがいい?

ライトシェアデュエット アレキサンドライトレーザー

 

クリニックを選ぶポイントの一つとして、使用している脱毛機という人も多いのではないでしょうか。

 

その中でも人気の脱毛機のダイオードレーザー機のライトシェアデュエットとアレキサンドライトレーザーを使用したジェントルレーズなどが挙げられます。

 

こちらではこれらの人気脱毛機の特徴をご紹介してます。

 

あなたに合った脱毛クリニック選びの参考にしていただければ幸いです。

 

ライトシェアデュエット・アレキサンドライトレーザーそれぞれの説明

 

ライトシェアデュエット

 

ライトシェアデュエットは日本人に一番あるダイオードレーザーを使用した脱毛機です。

 

ダイオードレーザー機の中では特に施術時間が早い脱毛機という事で、全身脱毛にもピッタリの脱毛機。

 

このライトシェアデュエットが登場する前のダイオードレーザー機は施術に時間がかかる大きな弱点もあって、全身脱毛に向いた脱毛機がなく、アレキサンドライトレーザー機の方が多くのクリニックで使用されていました。

 

しかし、この脱毛機が登場したことで元々日本人に最も適したダイオードレーザー機という事もあって導入するクリニックも多く、現在でも数多くのクリニックが使用している脱毛機です。

 

アレキサンドライトレーザー

 

アレキサンドライトレーザーとは脱毛機の名前ではなく、アレキサンドライトという宝石を使用したレーザー機です。

 

このアレキサンドライトレーザー機の中でも人気なのがジェントルレーズ。

 

湘南美容クリニックなど今でも数多くのクリニックでこのジェントルレーズを使用しています。

 

ジェントルレーズ自体はかなり古い機械で、現在ではジェントルレーズプロや最上位機種のジェントルマックスプロがその後継機種として数多くのクリニックで活躍をしています。

 

アレキサンドライトレーザー機の特徴として、メラニンの吸収がとても良いという事が最大の特徴です。

 

そのため、濃くて太い毛に対してはめっぽう強い脱毛機といえます。

 

しかし、メラニンの吸収があまりにも良すぎるので、あまり大きなパワーを出すことができないため、メラニンが少ない産毛には弱いという弱点もあります。

 

さらに、アレキサンドライトレーザーの波長はとても短いので、毛根が深い毛(男性のヒゲなど)には届かない場合もあります。

 

そのため、アレキサンドライトレーザー機には波長が長いロングパルスヤグレーザーを併用できる複合機なども登場しています。

 

ジェントルレーズの最上位機種にあたるジェントルマックスプロはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの両方での脱毛が可能になった万能機です。

 

それぞれの特徴をピックアップ

 

ライトシェアデュエットの特徴

 

この脱毛機で全身全ての毛質に対応が可能

 

ライトシェアデュエットはメラニンの反応も適度にあり、出力も安定しているので脱毛機のパワーを上げて脱毛することができます。

 

そのため、メラニンが少ない産毛に対しても脱毛機のパワーで対応できるので、全身全ての部位に対してこの脱毛機一つで脱毛ができるメリットがあります。

 

そして、皮膚を吸引しながらの脱毛をするハンドピースなので、より多くの面積の毛に対して照射することで効率よく熱を発生させることができるので、結果的にパワーを抑える事も可能です。

 

打ち漏れがない

 

もう一つ大きなメリットになるのがうち漏れが少ない脱毛機という事です。

 

このライトシェアデュエットで使用しているハンドピースは照射面が四角のため、打ち漏れも少ないというのが特徴です。

 

クリニックの脱毛はサロンと比較すると、回数が少ないので打ち漏れなどのリスクを避ける事も出来ます。

 

ジェントルレーズプロの特徴

 

こちらではアレキサンドライトレーザー機の中でも特に高性能の脱毛機であるジェントルレーズプロの特徴をご紹介しましょう。

 

濃い毛に対して反応が一番よい

 

ジェントルレーズプロの最大のメリットはやはりメラニンの吸収がとても良いという事です。

 

そのため濃い毛に対しては、ダイオードレーザー機よりもエネルギーを抑えて脱毛が可能です。

 

ライトシェアデュエットよりもジェントルレーズの方が痛みが少ないという声が多いのもこのためです。

 

しかし、先ほども言ったようにメラニンの吸収が良すぎる事でパワーを上げての脱毛が危険なため、パワーを大きく上げて脱毛することができません。

 

そのため産毛には弱いという弱点がどうしても付きまとってしまいます。

 

その弱点を補うために、ロングパルスヤグレーザー機を採用したり、ロングパルスヤグレーザーでの脱毛も可能な上位機種のジェントルマックスプロで脱毛を行います。

 

脱毛の実績はNO.1

 

医療用脱毛機で実績NO.1の脱毛機といえば何といってもジェントルレーズではないでしょうか。

 

登場した当時はそれ以前の脱毛機とは比較にならないほどの施術スピードで全身脱毛をするにはこの脱毛機でなければと言うくらいの高性能な脱毛機でした。

 

20年以上たった今でも現役として使用されているわけですから、それだけでも性能の良さはわかりますよね。

 

そして、現在ではさらに性能がアップしたジェントルレーズプロやジェントルマックスプロが登場してさらに施術スピードや冷却の性能が向上しています。

 

長年の実績という面で言えば、こちらのアレキサンドライトレーザー機の方が上なのは間違いありません。

 

ライトシェアデュエット・ジェントルレーズを比較

 

脱毛効果

 

脱毛効果に関してはどちらもFDA(アメリカ政府の機関)から永久脱毛の認可を受けている脱毛機なので、どちらも十分に脱毛効果を期待できます。

 

どちらが良いかとなると、絶対的にどちらの方が良いという事は難しいです。

 

しかし、先ほども言ったようにジェントルレーズは濃い毛に対しての反応がとても良い脱毛機なので、特に毛が濃いと感じている人にはライトシェアデュエットよりも少ないパワーでも脱毛効果を期待できます。

 

逆に、産毛に対してもしっかりと効果を期待したい人は機械のパワーを上げて脱毛ができるライトシェアデュエットの方が向いています。

 

このようにそれぞれの脱毛機には特徴があるので、この特徴をしっかりと理解して脱毛機を選ぶのも良いかもしれませんね。

 

痛み

 

脱毛時の痛みはライトシェアデュエットの方が痛みを感じる人がおそらく多いのではないでしょうか。

 

それは、先ほども言いましたが、アレキサンドライトレーザーは大きな出力での脱毛が難しいので、低いパワーの脱毛である分、痛みも抑えられるからです。

 

しかし、パワーを上げられないのはメラニンの少ない毛の場合、脱毛に必要な熱量を得られる事も難しくなるので、痛みが少なければよいというわけではないという事をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

施術時間

 

施術時間の比較ですが、どちらも医療用脱毛機としてはかなりのハイスピードが期待できる脱毛機です。

 

しかし、どちらが早いのかという事に関してははっきりとどちらという事が出来ません。

 

それは、施術をする看護師さんの技量に左右される部分が大きいからです。

 

むしろ、機械の性能よりも看護師さんの技量によるものの方が大きいので、たとえ同じ脱毛機を使用していても施術時間が変わってしまいます。

 

ちなみにそれぞれの脱毛機とも、1時間半から2時間くらいで全身脱毛が完了すると言われています。

 

それぞれのメリット・デメリット

ライトシェアデュエット

 

メリット

 

この脱毛機のみで全身全ての毛に対応できる

 

ライトシェアデュエットの一番のメリットはこの脱毛機のみで全身のほとんどの毛に対して効果的な脱毛ができるという事です。

 

濃い毛から産毛までしっかりと対応できる脱毛機なのでこの脱毛機1台で全身脱毛を完了させることができます。

 

打ち漏れが少ない

 

照射面が丸い場合

 

照射面が四角の場合

 

ライトシェアデュエットの特徴として打ち漏れが少ないというメリットがあります。

 

それはハンドピースがジェントルレーズとは違って照射面が四角いので、隙間なく照射しやすいためです。

 

丸型の照射面のジェントルレーズシリーズはどうしても看護師さんの技術に頼らなくてはならない脱毛機でもあります。

 

デメリット

 

痛みが強まる傾向に

 

ライトシェアデュエットのデメリットをあげるとしたら、脱毛機のパワーをあげる事が可能なため、それに伴って痛みも増してしまうという事です。

 

ジェントルレーズなどのアレキサンドライトレーザーはメラニンの吸収がとても良いので、ダイオードレーザー機よりも低出力で脱毛ができます。

 

ダイオードレーザー機はメラニンの反応が鈍い分、パワーを上げて脱毛をする必要があります。

 

そのためアレキサンドライトレーザーよりもより痛みを感じてしまう人も多いのも仕方がありません。

 

ジェントルレーズプロ

 

メリット

 

濃い毛に強い

 

アレキサンドライトレーザーの一番のメリットがメラニンの反応がとても良いレーザーなので、少ないパワーでも高い脱毛が期待できるという事です。

 

ライトシェアデュエットよりも痛みが少なかったという声が多いのもパワーを抑えてもしっかりとメラニンから熱を吸収することで十分に脱毛の効果が期待できます。

 

ジェントルレーズシリーズでの脱毛のメリットは何といってもここなのには違いありません。

 

デメリット

 

産毛にあまり適していない

 

逆に大きなパワーを出しにくい脱毛機という事で、産毛にはあまり適していないデメリットもあります。

 

しかし、ジェントルレーズプロの場合は、照射時間が変更することもできるようになったため、産毛にも対応することができる様になっています。

 

ジェントルマックスプロの場合はヤグレーザーも搭載している脱毛機なので、濃い毛にはアレキサンドライトレーザーで、産毛はヤグレーザーという使い分けもできる様になっています。

 

アレキサンドライトレーザー機も以前と比べて柔軟性があり、全身脱毛のどんな毛でも対応ができる様になっています。

 

毛根が深い部位は届かない可能性もある

 

しかし、アレキサンドライトレーザー機は波長が短い脱毛機なので、男性のヒゲなど毛根が深い部位の場合、届かない可能性もあります。

 

そのため、波長が長いヤグレーザーを併用することで毛根が長い男性のヒゲなどにも対応できるようになっています。

 

結局どちらが良い?

 

どちらも信頼性の高い脱毛機のライトシェアデュエットとジェントルレーズ。

 

どちらも世界の数多くの人を脱毛してきたとても実績のある脱毛機という事もあって、数多くある脱毛機の中でも群を抜いて人気のある脱毛機です。

 

結論としてはどちらも大変オススメできる脱毛機なので、甲乙をつける事が難しいというのが正直な所です。

 

しかし、ジェントルレーズとライトシェアデュエットそれぞれの特徴把握する事であなたに合った脱毛機を選択することができます。

 

まずあなたの毛質などしっかりと理解してからどちらあなたに向いている脱毛機なのかを考えてみるのも重要です。

 

関連記事