脱毛サロン=勧誘?

 

脱毛サロンに対して嫌なイメージと言えば勧誘という人も多いのではないでしょうか?

 

確かに以前はなるべく高いコースへの勧誘や、高額な化粧品などへのしつこく悪質ともいえるほどの勧誘など頻繁に行っているサロンもありました。

 

しかし、最近では脱毛サロン自体が増えてサービス競争の時代に突入していることもあり、接客に重点を置かざる得ないという事と、実際にあまりにもひどい勧誘で消費者センターに苦情をする人も出て、国からの行政指導が行われた事もあって今ではひどすぎる勧誘も減ってきてはいます。

勧誘されやすいケース

 

脱毛サロンの勧誘はお店によって様々ですが、必ず勧誘されるケースはキャンペーンなどの体験コースを選んだ場合です。

 

体験コースの場合あくまでも体験コースなので本コースではないので当然本コースの勧誘が必ずあると思ってよいでしょう。

 

逆に最初から全身脱毛の本コースを契約してしまえば、それ以上の勧誘をされることはほぼありません。

脱毛サロンの形態にも注目

 

最近人気の月額制脱毛サロンですが、こちらは初月無料などのキャンペーンなどはありますが基本、本コースの契約になるので勧誘される事がほとんどありません。

 

ミュゼプラチナムやエピレ(TBC)などの体験コースからの契約になると本コースの勧誘は避けることができません。

 

どうしても勧誘を避けたいという人にはこういった契約の形態にも注目するのも良いでしょう。

勧誘の断り方

 

脱毛サロンに実際に行って勧誘をされてしまったらどうしようとお考えの人も多いと思います。

 

その時はまずしっかりと内容を聞いて自分に必要がないと思ったらしっかりと「私には必要ありません」と意思表示しましょう。

 

ここで一番やってはいけないのが「今お金がないので」と経済的な部分でかわそうとする事です。

 

店員の方はおそらく支払いができる範囲内のコースを勧めてきたり、分割による支払い方法を説明したりしてきます。

 

おそらくほとんどの人はその条件であれば支払う事ができるので結果的に断る事ができずに契約をしてしまうといったケースがかなり多いので、あくまでもかわすのではなく、『必要がない』とはっきり断る事が大切です。

 

もしあまりにもひどい態度を取られたり、不愉快な思いをさせられたらそんなサロンに通いたくありませんよね?その時は『他のサロンに行くのでもう結構です』と言ってしまっても良いでしょう。