ハイパースキン脱毛とは?

 

ハイパースキン方式の特徴はとにかく肌へのダメージが少ない脱毛法です。IPL式はもちろん、蓄熱式も少し温度を抑えることができるとはいえ、やはり肌表面に触れれば熱いと感じる温度であることは違いありません。

 

しかし、このハイパースキン方式は約38℃くらいのほとんど人肌程度の温度なので全く熱いと感じることは感じることはありえないでしょう。

 

今のところはこのハイパースキン法以外は全て熱によって発毛を抑える方法なので、確率が少ないとはいえ、やけどやシミなどの可能性も否定する事が出来ないのでとにかく肌トラブルが気になる人にはとてもおすすめの脱毛法です。

 

痛みが無い脱毛法

 

脱毛で気になるのが脱毛の時の痛みですが、このハイパースキン脱毛はその心配が全くありません。

 

脱毛時の痛みの原因は高温の発生による熱さによるもので、人肌程度の温度であれば痛みを感じる人は全くと言っていいほどいないでしょう。

 

高温が発生しないという事は当然やけどの心配もないので脱毛後の皮膚の赤みやむくみなどの心配もありません。

 

脱毛の肌トラブルのほとんどは高熱による原因なので、この脱毛法はリスクがかなり少ないので極端に肌が弱い敏感肌の人に向いています。

毛質を選ばない

 

ハイパースキン方式は他の脱毛法とは違い、毛が全く生えていない休止期に作用する脱毛法です。

 

メラニンをターゲットとしないので濃い毛や産毛などでも関係なく毛質を選ばないのも特徴の1つです。

ハイパースキン法は効果が無い?

 

この脱毛法は蓄熱式の脱毛と同じく、今生えている毛に対しては全く作用しないので今見えている毛に関しては自然に抜けるのを待つしかありません。

 

ここで勘違いしていまうのが脱毛の効果が出ていないと思ってしまう事です。

 

やはり今生えている毛が抜けないといつまで経っても脱毛効果が感じることができないため、効果が無いのでは?と思ってしまいます。

 

しかし、この脱毛法はこれから生えてくるはずの毛に対してアプローチする脱毛法なので脱毛の効果を期待できるのは生え変わりのタイミングになります。

 

したがって毛周期が長い人はより脱毛の効果を感じるのは先になってしまいます。

 

よく、2〜3か月間通っても全く変化が表れないのでこの脱毛法は効果が無いのでは?と思われる人が大変多いのですが、ハイパースキン脱毛の場合は自分の毛周期の期間までははっきりとした効果がわからないのでじっくりと待つ必要があります。