エタラビ 業務停止

エタラビの一部業務停止命令の内容とは?

 

※2017年4月にエタラビを運営していた(株)グロワール・ブリエ東京が破産手続きを開始し、現在閉店しております。

 

今回の倒産によって損害を受けた人が9万人という大きな事件に発展してしまいました。

 

このような被害に逢わないためにもこちらのページに記載している内容をしっかりと把握してサロン選びに役立てていただければ幸いです。

 

 

このサイトでも紹介している人気脱毛サロン「エターナルラビリンス」(エタラビ)が消費者庁から新規勧誘など一部業務の停止9か月を命じられてしまいました。

 

このような経緯になった背景として、消費生活センターなどにこれまでに苦情などの相談が今年8月までの約10年間で計595件と大変多くの苦情がよせられてしまった事が原因と思われます。

 

 

特に今実際に通われている人にとっては大変心配な情報と思われます。
こちらでは大変気になります今回の業務停止に関する内容をご紹介したいと思います。

 

 

 

今回の事はこのエタラビだけではなく、脱毛サロン業界全体に多くの影響があったことには違いがありません。

 

というのも今回の内容に関しては決して「エタラビ」にだけ当てはまるものではなく、他のサロンにも同じようなことがいえる部分も少なくないからです。

 

これから脱毛サロンに通いたいと考えている人にもとても参考になる部分もあると思います。

エタラビが一部業務停止になってしまった理由とは?

 

「月額制 月額9500円」と宣伝

 

エタラビのHPなどには月額9,500円との表記がされていて、これが月々9,500円で通えるとまずほとんどの人が思ってしまいます。

 

しかし実際には、エタラビの月額9,500円の内容とは全身脱毛6回(171,000円)を18回に分割して支払うと月々9,500円で通う事ができるというもので、さらに問題なのがこの金額はローンの分割手数料が含まれておりません。

 

おそらく17万円という高額な金額の場合、ほとんどの人がローンを組んだりクレジットカードの分割払いを利用すると思いますので、実際の支払金額は9,500円以上になってしまいます。

 

それに脱毛回数が12回や18回などさらに多くの回数分の契約になるとさらに分割回数も増えることになると思われますので、月に支払う金額もさらに多くなってしまいます。

 

 

これらの説明が全くされていなかったため利用者にとっては「話が違う」となってしまうわけです。

 

でも、これはエタラビに限った話ではなく、他のサロンでも同じような表現をしているサロンも多数見受けられますので注意しましょう。

 

 

何故月額表記にするの?

 

では何故このように月額○○円という表現をするのか?というと
総額にしてしまうと金額が大きくとても高く思えてしまうからなんです。

 

でも、月額9,500円などという表現にすれば
「あっ、これなら毎月そんなに無理することなく支払えるわ」と
思えるからです。

 

しかし、総額になると12回だと約20万、18回だと約30万くらいの金額になるため
どうしても総額で表してしまうと「やっぱり結構高いなぁ〜」と感じてしまいます。

 

 

脱毛サロンはクリニックの脱毛よりも効果が薄いため価格の競争も激しいのでこのような表現を利用するようになったのでしょう。

 

脱毛サロンが脇の脱毛がとても安いのもまずサロンに来てもらいたいためと考えても良いです。

 

 

ちなみに本当に月額制で通える脱毛サロンは

 

『キレイモ』
『脱毛ラボ』
『恋肌(こいはだ)』
『ストラッシュ』

 

これらが主に月額制を行っている人気脱毛サロンです。

 

 

1カ月に1回は必ず予約が取れる

 

エタラビの問題点として予約が取りづらいということも以前から言われていました。

 

やはりエタラビはかなりの人気サロンという事もあって通っている人も多く、
今の店舗数や従業員数では全ての会員の施術を満足して行うのはとても困難な状況だったという事が簡単に想像できます。

 

 

しかし、この予約の取りづらいのもエタラビだけではないというのが現状です。

 

やはり、人気脱毛サロンの場合はどうしても土曜や休日は予約がとりにくい状況にあります。
さらに、夏前になると駆け込みの利用客も増えるのでさらに予約がとりにくくなってしまいます。

 

そこでサロンによっては毎回どの店舗でも通えるサロンもあったり、最新式の脱毛機を導入して脱毛の施術時間の短縮をしたりと対策をしています。

 

 

以前予約がとれないと問題視された「銀座カラー」や「ミュゼ」も最新式の脱毛機を導入したことで以前に比べかなり予約がとりやすくなっています。

 

 

個人的にはやはりネットから24時間いつでも予約ができるサロンがやはりおすすめです。

 

空いている時間が一目でわかり、自分の都合の良い時間を簡単に見つけることができます。
電話での予約や店舗での予約になるといちいち聞き出さないといけないのでかなり面倒なやり取りになってしまいます。

 

 

クーリングオフを希望した消費者に対して

 

クーリングオフを希望した場合、普通お店側は速やかにお金を返金しなくてはなりませんが、店舗に取りに来させるなど不当に返金を遅らせる行為をおこなっていたそうです。

 

これは利用者側にとっては大きな被害となってしまいます。

 

サロンとしても大きく信頼を損ねるのは違いありませんからこれからはしっかりとこのような体質を改善してもらいたいです。

 

すでに通っている会員はどうなるの?

 

もうすでに通っている会員の人は今回の騒動はとても気になっていると思います。

 

しかし、すでに通っている会員の人は今までと変わりなく通う事ができるのでご安心ください。

 

今回の件に関しては新しく会員の募集が禁ぜられているものなので現会員の人は今までと全く同じサービスを受けることができます。

 

※追記
2017年4月にエタラビを運営していた(株)グロワール・ブリエ東京が破産手続きを開始をしたことにより、エタラビは閉店が決定したため全てのサービスを受けることができなくなってしまいました。

 

今回の倒産で9万人という多くの被害者が出てしまいました。

 

元々口コミでは予約が取りにくいという声がたくさんありましたがこのような結果になってしまったことはとても残念です。